2011年03月29日

メイク用品


material1.jpg

筆はボークスや模型店に売っている面相筆で、先が良くまとまって
多少コシがあるものが使いやすいです。
一番細いのから、1つか2つ太めを選ぶと穂先の塗料切れがしづらいです。
そしてめん棒、ダイソーなんかで手に入ります。
先が細いものがあると便利です。
写っていませんが、爪楊枝があると細かな塗装に便利です。


material2.jpg

塗料ですが、私はアクリル絵の具を使います。
いろんなメーカーから出ていますが、私はリキテックスのソフトタイプを使っています。
100均の絵の具を使う方もいらっしゃいますし、油性のMr.カラーを使う人もいます。
それぞれメリット・デメリットはありますが、扱いやすさではアクリル絵の具が便利ですね。

それと、ボークスのメイクパステル。別に他社品でもかまいません。
主に頬のチークなどの表現に使います。
エアブラシが得意な人は不要かも?

material3.jpg 
material4.jpg

溶剤は、メイク落としや清掃用にMr.カラーのうすめ液。
アクリル絵の具には十分な洗浄力があります。

タミヤの溶剤は、絵の具に混ぜて使います。
これは水性のアクリル溶剤なのですが、絵の具の乾きを遅くすると共に
書き味の伸びが良くなるので、薄めて使います。

塗装保護には油性のMr.カラーUVカットつや消しクリアスプレーを。
最後の仕上げに(写真中央の小さい小瓶)タミヤの
水性アクリルつや有りクリア塗料を使います。

以上がメイク用品になります。
posted by holo at 21:10| DOLL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。